日本でのギャンブルの歴史

ギャンブル、いわゆる賭博は、日本でも古くから行われてきました。

双六などを使ってゲームを行い、金銭や貴重品を報酬として賭けていたようです。

記録にある中で、689年、持統天皇の時代にはすでに双六賭博を禁止する令が出されています。

江戸時代にはさらに賭場が賑わい、幕府が禁止令を出しているにもかかわらず、一般庶民の実ならず、武家の人間も頻繁に賭場に出入りしている者もあったそうです。19世紀になって貨幣経済が浸透すると、博打で生計を立てる人も現れます。

現代では、パチンコや海外のカジノで生計を立てる人も珍しくありません。また wunderinoo.jpなどのオンラインカジノも登場し、実際のカジノよりもそちらに人が集まるようになってきています。時代によって、ギャンブル界の様相も変わってきているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *